異所性蒙古斑を治すぞ!その②《治療後のビフォー・アフター》

ライフハック
スポンサーリンク
ぽぽ
ぽぽ

こんにちは!InstagramやTwitterで育児漫画・ジーナ式ねんねトレーニングの記録などを投稿している ぽぽ(Instagram:@popo_baby0104 Twitter:@popo_baby0104 )です。
この記事では、息子(そーぴぃ)の異所性蒙古斑の治療についてのお話を載せています。

異所性蒙古斑を治すぞ!の旅

前回の記事はこちらです。

治療後のビフォーアフター

今回は、治療後のビフォーアフターの写真を掲載します。

治療前

治療前の写真です。

治療直後

赤くなっている部分が治療直後です。
赤みは3日後くらいに消えました。

1ヶ月後

1ヶ月間は特に何も変化がなかったのですが、1ヶ月くらいたったあたりにポツポツと白い点々がでてきました。
これが、治療の効果が出ている証拠だそうです!

3ヶ月後

これが3ヶ月後です。写真だと分かりづらいかもしれませんが、白いポツポツがつながって薄くなりました。
うちの子の場合は、色が濃いので後2〜3回は同じ場所を照射することになると思います。

 

2回目のレーザー治療

前回から3ヶ月後に違う場所のレーザー治療を行いました。
今回は腕の部分をやりました。

今回も前回同様、麻酔なしでやりました。
立ち会いは前回は私だったので、主人に立ち会ってもらいました。
私は外で待っていたのですが、すごい泣き声が聞こえて立ち会いしていた時よりも辛かったです。。。
泣きそうになってしまいましたが、それだけ我が子も頑張っていると思って待合室で待っていました。

治療直後

治療2日後

この時は、前回のように真っ赤に膨れ上がることがありませんでした。
しかし、先生に見てもらったところちゃんと反応が出ているとのことでした。
そぴ、お疲れさまでした!!!!
よく頑張ったね!!!

次回予告

次回はまた3ヶ月後に違う場所を行います。
全身麻酔は、1歳超える+10㎏以上が条件なのでもう少し先になりそうです。

次回更新する時は、全身麻酔を行った時をお話することになると思います。
正直、母の私も不安ですが主人と話し合いながら進めていきたいと思います。