【0歳7ヶ月】車なし免許なし寝るのがヘタっぴな子と箱根旅行に行ってみた

ライフハック
スポンサーリンク

今回は、車なし免許なし我が家がねんトレ(ジーナ式)っ子と行く箱根旅行の記録です。

そーだ、箱根にいこう

あー免許もねぇ、車もねぇ!あるのは強靭な足腰のみ!

自慢ではありませんが、うちには車がございません!
だんなは 免許すら持ってません!
私は ペーパーゴールデン免許所持です! 

なので、昔から 旅行に行くって時は
公共機関のみでいけるとこしか 行きません。
🚲 🚕  🚎  🚃  🚅 ✈️  さまさまです♡
ということで、初めての 子供との旅は電車で行ける【箱根】に行くことにしました。

子連れのロマンスカー事情

箱根は新宿から出てるロマンスカーでいきました。

ロマンスカーは、【GSE(70000形)】【3(か4)号車】にしました。

なぜなら、GSE(70000形)は

●授乳できる部屋(多目的部屋)がある
●トイレにオムツ替えシートがある 
●そして、それらは3.4号車の間に ↑がある 

でも、個人的には 走行中のオムツ替えは酔いましたぁ…。
そして、多目的部屋は、社内販売のお姉さんの控え室になってました。(行きも帰りもどっち)

車掌さんにお願いして使わせてはもらったのですが、壁にかかっているお姉さんの制服を掴もうとしたり、部屋も狭くて子供が集中できませんでした。

そして、うちの子 寝るのが まぁぁぁ下手っぴなので寝れなくて ハイパーぐずりだしたました!
普通に席で授乳ケープかけて 添い乳したのが1番 安定したっていう。チ───(´-ω-`)───ン

結局 新宿から箱根まで ずっと乳だしてました。
母、子供を泣かさない為に 必死っス。

なので、私の場合はどの車両にしても良かったんじゃ?って話です🌷

お宿は 南風荘さんへ

この南風荘さん、ベビー連れに神的に優しいんです!

● 箱根駅からタクシーで5分(ワンメーター)※バスなら100円で行けちゃう
● お部屋に露天風呂がついてる
● 晩御飯も朝御飯もはお部屋で食べれる
● ベビーグッズの貸出しがある
● ベビー布団がある
● 離乳食の食器貸出、あたためもしてくれる
● 布団のお部屋と くつろぐお部屋が分かれてる ※子供が寝たら親はゆっくりできる
● あと意外とリーズナブル

貸し出し品は、↓こんな感じでした。

ベビーグッズに限らず、たくさんあってホスピタリティを感じます♥
特に、その他の欄の【スタッフの手】がとても好印象です。

さぁ、ジーナっ子は果たして寝るのか!

結果は…スケジュール通りにはいきませんでした

ロマンスカーではもほとんど寝ず、15時にチェックインしてからずーっと興奮してなかなか寝てくれませんでした。

やっと寝たのは夜の20時。
お風呂入った後に、気絶するように寝ました。
その後、無理やり朝の5時に起こして授乳。
その後、6時半くらいに起きました。
(って、家より寝てるやないの👋( 'ω'👋))

寝てくれなかった理由は遮光ができなかったからでした。
確かにお布団のお部屋 とくつろぐお部屋が分かれていたのですが、天井があいていたのでお布団の部屋に光が入りこんでしまいました。

(↑ちょっと分かりづらいですが、上部があいています)

そこで、私達が苦肉の策で考えた寝床づくりはこうでした。

ジーナっ子の寝床づくり

お分かりただけたでしょうか。

親のベッドとベッドの間に、ベビー布団をひいて上から布団をかけて遮光もどきをしています!
ほんと、苦肉の策です!!!!

でも、これで20時以降は6時まで寝てくれたので親はゆっくりお風呂に入ることが出来ました。
もちろん、朝風呂も♥
言わずもがなですが、いつもの入眠セットは忘れないようお気をつけください!

ちなみにうちの子の入眠セットは【おくるみ(エイデンアンドアネイ)】と【スワドルアップ】でした。

みなさまも良い旅を

以上です!

動き回るようになると じっとしていられなくなるので、ハイハイが上手に出来るようになる前までに旅行を行くことをオススメします。
特にうちの子は、じっとしていられないので生後7ヶ月がギリギリセーフでした。
現在、コレを書いている生後11ヶ月では到底考えられません。
ロマンスカーでじっとしていられるわけありませんから。。。

それでは、みなさまも良い旅を…♡